血糖値測定器が使えるようになりました

 

高齢の母親でも血糖値測定器が使えるようになりましたが464になっていた時には本当に驚きました。
今まで糖尿病に対しての知識というのは全く無かったので数値を聞かされてもパッと来なかったのですが、付き添っていた時に入院を勧められたのです。
ヘモグロビンA1Cも11と、大台に入っていました。それからが本当に辛かったです。
今まで好きなだけ好きな物を食べてきた人だったので食事制限は本人も辛そうでした。
母が高齢という事もあって食事は全て私が用意していたのですが、やはり野菜が基本。しかし、しっかり野菜を調理しようとすると凄く手間がかかります。
お肉なら極端な話タレと炒めるだけでも良いのですが、野菜なら皮を剥いて茹でてと本当に時間がかかりますからね。
何より、一番の原因だったのは大好きな朝の菓子パン。これが無いとイライラしてしまうみたいで大変でした。
当初は血糖値測定器も上手く使えなかったので私が全てしてあげていました。本来は簡単なのですが、今までほとんど病院に行かなかったし機械もわからない母親にとっては難しかったみたいですね。
血糖値測定器の使い方は、紙に書いたり何度も練習して覚えました。
しかし、今では毎日ちゃんと野菜を食べてくれますし、血糖値測定器も自分で出来るようになりました。
そのおかげで血糖値も平常値近くまで下がったのです。
次はインスリンをやめられるように頑張っているところです。

 

最新の血糖値測定器

 

糖尿病患者の方ってすごいですよねー(´Д`;)一日に何度も自分で自分に針を刺すんですから...インスリン注射はそれほど大変じゃあないそうです。注射針がかなり進化していて、ほぼまったく痛みがないそうですから(*^ω^*)
問題なのは血糖値測定器のほうですねー こちらも最新のものはだいぶ無痛になるように工夫がなされているそうですが、なんせ血液を採取しなければならないわけですからまったく無痛とは行かないようです( >Д<;) それなのに一日で四回も血糖値測定器を使用しなければならないなんて...
わたしは耐えられそうもありません(´;ω;`)

 

血糖値測定器を使ってみました!

 

今日は初めて血糖値測定器を使ってみました!! 雑誌で最近は自覚のない糖尿病患者が増えているという記事を読んだためなんだか心配になってしまって(o´д`o)=3 結果としてわたしは糖尿病患者ではありませんでした☆★
しかし本当に良かったと思います(´-ω-`)
だって糖尿病の人は毎日血糖値測定器を使用しなければならないそうじゃあないですか...あんなに痛いものを毎日使うなんてわたしには無理ですよ(´;ω;`)
そもそも自分の指を自分で刺すなんて強すぎです!!!! わたしはこの一回でもう懲りました...二度と血糖値測定器は使いたくないですね。
血糖値測定器

 

 

ヘモグロビンa1cのコントロール

毎日の生活を引き締めることによって、ヘモグロビンa1cの値をコントロールするなど、健康増進に努めるのは重要です。なかなか自分の意識を保てないのであれば、人の助けを借りることも大切です。
スポーツジムに通う人が増えているのは、こうした心理が働いているからなのです。自宅でエクササイズをしたとしても、血糖値の下降やヘモグロビンa1cを見込むことは可能です。それでもスポーツクラブを利用するのは、自分に課したものが揺るがないようにするためなのです。
淡い気持ちを抱いて望んでしまうと、自分が損をしてしまうことがあります。強力な意思を保つためには、口外して意識に強制力を働かせることによって、ヘモグロビンa1cに対する意識を高めるのです。
堕落した生活をしていると、それなりの結果しか出るわけがありません。全くプラスに向かずに、どんどん血液検査の数値が悪い方に向いてしまうこともあるのです。
生活管理をするということは一念発起しなければいけないこともあります。やはり、やる気が低下してしまうと、長期的な取り組みは困難です。ヘモグロビンa1cの数値を下げるには、継続的な行動が必須なので、生活を変えることに対する意識を強く持ちましょう。

 

 

ヘモグロビンa1c

 

野菜たっぷりの食事で糖尿病予防

野菜たっぷりの食事で糖尿病予防

生たけのこの炊き込みご飯は、やっぱり自分の中では、かなりの贅沢!
いつもだったらスーパーで悩んでしまうような価格でも、生たけのこの香りの良さについつい買ってしまいます。
パスタにしても良いですが、やっぱり煮物やお味噌汁やご飯などにした方が、生たけのこは美味しいなって思います。
本当に日本人に生まれて良かったな~って思う瞬間です。
旬の野菜っていうのは、すごく栄養価も高いですしね。
子供に積極的に食べて欲しいと思ってしまいます。
やはりそれだけ美味しいですしね。
いつも水煮ばかり食べているのは、さすがにちょっとわびしい気持ちになってしまうかな。
春くらいは、生たけのこを沢山使ったお料理を食べたくなります。
糖尿病やダイエットなど食事制限が必要になる時にも、たけのこだったら安心して食べられますよね。
糖尿病は食事が好きな人にとっては、本当に辛い病気だと思います。
やっぱり食べ物を制限させるって、ダイエットみたいな感じがしてしまいますね。
しかも塩分も控えめとなると、やっぱり薄味が基本ですからね。
糖尿病は肥満の人がなりやすいそうですし、やっぱりダイエットもかねて、お野菜を沢山摂取しないといけませんね。
ただ、和食も塩分が意外に多いから、減塩調味料を使うのが効果があるかも。

» 続きを読む

  • 2015/05/19 20:24:19

たけのこは糖尿病にもおススメ

たけのこは糖尿病にもおススメ

 

たけのこのの美味しい季節がやってきました~!
水煮のたけのこと、生たけのこでは、香りが全然違います!
新鮮な生たけのこの香りは、炊き込みごはんにした時に、すごく感じますね。
水煮は炊き込みご飯にすると、ちょっと柔らかすぎるんですよね。
でも、生たけのこの場合は、コリっとしっかりした歯ごたえが残っていて、すごく生たけのこの香りも良いです。
これが生と水煮の大きな違いなんでしょうね!
生たけのこって、スーパーでは結構高いじゃないですか?
でも、春の味覚だと思って、どうしても一回くらいは食べたくなってしまうんですよね。
生たけのこのあの香りを思い出すだけで、お腹がグーグーとなってしまいそう!
あれは生ならではの風味だと思いますね。
いつも食べるチンジャーロースなんかに使うたけのこは、別にオイスターソースとかの濃い味で食べてしまうので水煮でもいいんですが。
やっぱりたけのこが主役になるたけのこご飯では、生たけのこの方がやっぱり美味しいなって思います。
しかも、食事制限の厳しい糖尿病でも、たけのこは比較的良いとされている食材なので、病人とかも良いみたいですね!
糖尿病になると塩分とかも気をつけないといけないし、脂っこい食事は厳禁ですよね。
やっぱり糖尿病には和食とかさっぱりしたお料理が良いのかな。

» 続きを読む

  • 2015/05/19 20:23:19

糖尿病は不治の病

糖尿病は不治の病

大人になってくると、好みが変わってくるって不思議です。
昔はアロマ講座なんて、まったく興味がありませんでした。
でも、社会人になって疲れる日々が続くようになってからは、どうもアロマテラピーとか、癒し系を求めるようになってしまいましたね。
疲れている時には、リラクゼーションが好きだったけど、主婦になってからは比較的精神的には楽になったのでアウトドアとかが好きになってしまいましたし。
生活環境とかによっても、好みっていうのは違いますよね。
やっぱり自分は、生活環境の違いって言うのはかなり大きいなって思いました。
生活環境で好みが変わって来るってことは多いですからね。
子供を生む前と産んだ後では、やっぱり考え方も違ってきますしね。
一生同じでいることは出来ないと思いました。
味覚だって、年齢と共に変わってくるのも仕方ないのかなって思いましたね。
やはり年を取ると、糖尿病などの生活習慣病の可能性も出てきますしね。
糖尿病は不治の病と言われていますし、一度なってしまったら、厳しい食事制限になる病気だと聞き、自分は絶対になりたくないと思いました。
食べることが趣味な人にとっては、糖尿病っていうのは、結構嫌な病気かもしれませんね。

» 続きを読む

  • 2015/05/19 20:23:19